​2022年1月2日

​青森県決勝で5回2/3​無失点で好投。

OB4名が所属する日大三高の冬合宿の映像が日刊スポーツ様のYutubeにアップされています。

​野球以外でも目立っているOBは、「キャラ変?」

OB4名が所属する帝京大学第三高

​2021年は関東大会にも出場した山梨県の強豪校です。

OB2名が所属する八戸学院光星高

​都内では考えられない充実した野球環境が紹介されています。

​日大三高エースの矢後和也選手は、東海大菅生戦にて13安打打たれるものの、粘りのピッチングをみせベスト4に進出しました。​

37期、38期、39期のOBが所属する高校が関東大会出場を決めています。

帝京第三高校(山梨県)、花咲徳栄高校(埼玉県)、土浦日大高校(茨城県)、拓大紅稜高校(千葉県)

​選抜出場を目指し、もうひと暴れしてください!

​​​日大三高の矢後和也選手が、野手の好プレーに助けられながも人生初の9回完封勝利。

​​​帝京高校の鵜飼陽太選手が駒場学園戦で大暴れ。

​4打数3安打の猛打賞

​​日大三高エース矢後和也選手(38期)、駿台学園6番石川友晴選手(39期)が秋季東京都大会で対戦しました。

38期卒団生の本宮拓朗選手(法政大高校)が、秋季大会「豊南戦」において「2塁打」「本塁打」と大活躍。​​

37期卒団生の鎌田慎也選手(日大三高)が「国学院久我山戦」において、2回先制の本塁打を放ちました。

​37期卒団生の前野唯斗選手が「高校野球ドットコム」のコラムに掲載されました。

​西東京にある強豪校「佼成学園」に進学した前野唯斗選手が、文武両道の秘訣を語ってくれています。